2022年5月30日月曜日

3年ぶりのビューリー

5月14〜16の週末、3年ぶりにビューリーのオートジャンブルに出かけることが出来た。コロナに関してはイギリスは完全にフリーでPCR陰性照明もワクチン接種証明も不要、加えてヒースローが大幅に自動化されて悪名高い待ち時間も大幅短縮、順調な出足だった。ただ帰国時のPCR陰性証明は依然として必要で72時間以内なので金曜の午前中にまちなかの検査センターに出かけて無事受診、結果は24時間以内に送られてくる、ということでまずは一安心
安心してオートジャンブルに出かけた。出店者は元々春は少ない目だが今回はまだ十分には回復していない感じで前回よりは少ない感じだったが価格はこうしたアンティークの世界的高騰+円安でビジネスとしては非常に難しい状況には変わりはない。それでも老骨に鞭打ってセットアップ途上のお店(本当は土、日で金曜はセットアップの日)で色々買い込んだのが1枚めの写真、土曜日の一般入場は通常10時オープンのはずがすごい人で主催者が9時半頃にオープンすることになった。
で買い物は順調に進んで(土)の夕方ほぼ目標達成とスマホを見たらPCRは陰性なのに陰性証明が日本政府に受け入れられないとか、これは大変、帰国できないではないか!!

土曜の夜ではいかんともしがたいので(日)の朝JALがオープンするまで待って事情を話し書類をチェックしてもらうと検査方法が明記されてないのではねられたようで検査を受けたところに再発行を依頼して欲しい、とのこと。(日)なのでこれはまずい、と一瞬帰国が伸びることも覚悟したがこの会社、よく対応してくれて1時間ほどで日本のフォーマットに記入して送ってくれたのでそれをJALに提出するとOKが出てこれで一安心、結局(日)の大半をこれに費やしたがなんとか無事帰国できるようになった。最後の関門は羽田帰国時の検査で数時間待たされるとさんざん脅かされていたがこちらは(検査が必要かどうかは個人的には大いに疑問ではあるが)非常に手際がよく1時間ちょっとで無事に無罪放免となった。これでコロナ禍の海外旅行も経験し次回からはうまくやれると思っていたら6月からはいよいよ検査もなくなるとか、なんだか損した感じ(??) ちなみにイギリスでは誰もマスクをしている人はなくマスクをすると”あいつは危ない人間だ”といったような目で見られてちょうど日本でマスクを忘れて人混みに出たときのような気分で当方も完全ノーマスクにした。ただイギリス人も全く意識してないのではなくリスクの高いPCRの検査場ではみんなマスクをしてソーシャルディスタンスをとっていたのを付け加えたい。
 

2022年1月1日土曜日

あけましておめでとうございます

皆様、新年あけましておめでとうございます、

私も72歳になりました。いよいよ残りカウントダウンに突入ですが諦めの悪いワタクシ、 72歳の青春を思い切り楽しんでやろうと色々と企んでおります(悪あがきとも言うようです)、昨年暮れには3泊4日で土佐の高知までロングドライブを楽しみました。道中数人のお客様を訪ねて色々と親切にして頂き改めて今のリタイアメントライフに感謝です。

今年は感染力が強く重症化しにくいオミクロン株の出現でコロナ禍もやっと終息し海外仕入れも再開できるよ、という声が聞こえてきました。 

新春のイベント出店は1月7〜9日、ビッグサイトの有明骨董ワールドで始まります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 

2021年11月14日日曜日

大磯SHCC ジムカーナ

もう一週間が経過してしまったが11月7日恒例のSHCC大磯ロングビーチのジムカーナに出店させていただいた。出店をさせていただくようになってもう12年、その前に自身のフィアット850クーペでAクラスに挑戦していたのが多分10年以上、その当時はお立ち台の真ん中に立ったことも2度あったがライバルのレベルが上ってきて最近のAクラスの走りを見ていると挑戦してもブービー争いになりかねないがライバルたちの熱い走りを見ていると闘志が湧いてきてここ数年ガレージで惰眠を貪っている850を叩き起こして挑戦したい気にもなってくる。まだまだ若いもんには負けんぞ、乞うご期待!! 当日はお天気にも恵まれ絶好のクラシックカー日和、コロナも減って安心して楽しむことが出来たが他のクラシックカーイベントと重なっていたせいか参加車がいつもより少し少なかったように感じた。海外の買付がままならないので正直なところ出店させていただいてもだんだんと売るものがなくなってきて今回は写真にもあるように少しいつもと趣向を変えてみた(変えざるを得なかった!?)。それでも多くのお客様に声をかけていただいて楽しい1日を過ごすことが出来た。他のイベントと比べて何よりありがたいのは自宅から10分という地の利、すべての走行が終了して片付けを終え帰りに行きつけのデニーズ(そうです、私デニーズもマックも日本進出以来ずっと通っているんです)でお茶をして帰ってもまだ明るかった。


 

2021年11月2日火曜日

アシスト付き自転車のご先祖様(?)

 

最近電動アシスト付きの自転車が人気だという、ブームに便乗したわけではないがアシスト付き自転車のご先祖様2台が我が家にやってきたのでご紹介したい。いずれも50年以上前になるが1台目はご存知P25リトルホンダ、1967年頃のデビューでこれはウインカーもストップライトもない初期型、スピードも25Km以上は出ない設計になっている。そしてもう1台は同じく60年代のこちらはフランス生まれのヴェロソレックスS3800である。アシスト付きと言ってもさすがに電動ではなくまさに原付きつまり小型のガソリンエンジンつき自転車で2台共に新潟の知り合いが新車のときから所有していたワンオーナー車、特にソレックスは未登録の実質的新車、という貴重な固体である。リトルホンダはすぐ走行可能だがソレックスは燃料が腐っているようで多少の整備が必要だが基本的に単純な構造で多分すぐに始動すると思う。ちなみに3枚目の写真はこの2台を新潟に引き取りに行くに際して以前から気になっていた山形の芭蕉の句で有名な山寺に挑戦、御年 71.9歳にして見事アシスト無し(!?)で1000段の階段を登りきった際のスナップ、ハイ、まだしばらくは現役で活動できそうです!!



2021年10月20日水曜日

沼津 ポートタウンパーティ 出店


17日、雨の日曜日沼津の魚市場で行われたアメリカ車の祭典、8th ポートタウンパーティに出店させていただいた。生憎の天気だったが魚市場の中なので雨の心配はなし、皆さんイベントを待ち望んでおられたようですごい人出だった。あまりに忙しくゆっくりと車を見る時間がなかったのが残念だがそこは仕事と割り切って頑張った。
このイベント沼津の町おこしの意味もあるかと思うが主催者の方はフレンドリー+プロフェッショナルで参加費も安く私はベストイベントの一つと思っている。ただあまりに参加車とビジターが増えすぎて今後駐車場の確保が問題になってくるかもしれない。沼津の名物イベントとして大きく成長されることを期待しています。
 

2021年10月2日土曜日

FIATおじさん、2CVおじさんに変身!!

 

2CVのオイル漏れがひどくなってきたのでなんとかごまかせないか、と思ったがどうやらクランクシールから漏れているらしくそうなるとエンジンを下ろしてミッションを分離しないと交換できない。まあ単純な車なので自分で出来るだろうと思ったが勝手知ったる FIAT と違って所々に独創的なアイデアが詰め込まれていて御年71歳にして改めてヘインズのマニュアルと格闘することになりそうで一大決心、となる。
ふと考えたら我が家にもう1台”2CVのもと”(バラバラになった2CV)がある。
ならばこれで一度”練習”してみようと決心した次第、うまく行けば載せ替えもOK(フルゴネットは元々425CC時代の車だがエンジンは602CCに換装されている)かも、と思っている
この”2CVのもと”が我が家にやってきた時まず驚いたのが巨大なシャシーで嘘でしょー!!、と思ってフルゴネットと並べると長さはピッタリ同じ、つまり最先端から最後尾までこのシャシーがあってその上に色々なものがくっついている、ということらしい。びっくり、その(2)は自動車というのはバラバラにすると1台分の3倍程度の場所を取るということ!!ガレージに1台分空きを作って待っていたらとんでもない、あまりの部品点数にとても収まらずついにボディ関係は外においてテントで覆ってシャシーの完成を待つことになってしまった。2CVのプラスポイントは部品がほとんどなんでも安価に入手できることでその気になれば新車が出来上がってしまう。

2021年9月21日火曜日

浅間サンデーミーティングに出店

ふと気がつくと前回の投稿から半年以上、すみません、コロナにかまけてサボっていました。9月19日、台風一過でお天気100%保証、だったのでちょっと足を伸ばして軽井沢、鬼押出し園の駐車場で毎月第3日曜日に開催されている(ただし場所柄冬はNG)浅間サンデーミーティングに出店させていただきました。毎回テーマが異なっていて今回は国産車とアメリカ車が中心とか、予定どおり快晴の軽井沢は風が心地よく完璧ななイベント日和でした。8時頃から皆さん集まり始め昼前には終了、という気軽なミーティングで帰りも楽で古い車愛好家にも我々出店者にも帰りも楽でありがたいイベントでした。ここで見つけたのはフルオリジナルに見える65年のポンティアックGP、私この車大好きで伸び伸びとしたふくよかなデザインはアメリカ車のベストデザインではないかと思っています。他にもデローリアンやジープワゴニアなど数は多くはなかったがなかなか見ごたえのある車が来ていました。次回は(私は他のイベントと重なってしまい参加できませんが)10月17日、イギリス車とライトウエイトスポーツカーがテーマだそうです。