2018年3月2日金曜日

2馬力ご乱心(?)


昨年の秋、フレンチブルーに出かける途中、中央高速長坂インター手前で2CVが突然パワーダウン、しばらく走行しているうちに症状はだんだん酷くなりインター手前100m程でついに息絶えてしまった。我が家にやってきてから数年、大した整備もせずに酷使してきた報いかフレンチブルー3度目の挑戦にしてついにリタイアとなってしまった。片肺になってしまったがエンジンは回る、さらに路肩で息絶える直前まで動いていた(つまり電気とガスは
OK)ことから路肩ですぐ治るようなトラブルでは無い、と判断して車載で帰還、フレンチブルーの出店はたまたま家にいた娘にベンツ280Vで救援に来てもらい荷物を載せ替えて無事終了した。でトラブルは何か、ということだがエンジンは回る(焼き付きではない)、だんだんとパワーがなくなって最後は片肺になった、ということからピストンリングが1本折れたのでは、と推定した。友人からあとバルブの可能性も
あるね、とも教えられた。以来数ヶ月、惰眠を貪っていたが春のイベントシーズンも近づいてきてやっと重い腰を上げてバラシ始めた。この車、順を追ってバラしていけばどこにでも手が届くようにはなるがそこに至るまでが結構大変で時間がかかった。やっとの思いでヘッド、ライナーを抜いてみると(そうです2CVはヘッドとライナーが抜けるのです)、あれれ?ピストンとリング、バルブはなんともないではないか!?そこでもう一度抜いたプラグをよく見るとなんと中心電極が陥没しているのが見つかった。つまり最初少し陥没して多少ミスファイア気味になり無理して乗っている間に陥没が進み片側シリンダーが完全に死んでしまった、ということ。医者の不養生、という言葉があるが、そうです私、もとスパークプラグ屋なんです!! 人生思い込みはいけません、基本どうりスパークプラグから点検していれば5分で治ったトラブルでした。まあせっかくここまでバラしたので幾つかの部品をこの際交換してリフレッシュすることにしました。はい、何事も前向きに考えましょう!!

2018年2月28日水曜日

2018 パリ レトロモビル

 すでに3週間近く経過してしまったが今年もパリのレトロモビルに出かけてきた。ここ数年、昔のジャンクショーの様な雰囲気が薄れてきて依然として良いものはたくさんあっても高価で商品を仕入れて売る身にはもう無理かなと、出かけるのをためらっていたが会期が近づいてきて周りの知り合いが出かける話を聞くとやっぱり行こうかな、と思い立った次第。ちなみに今年のパリはここ10年来の大雪で木曜の午後に到着した時には主要ハイウエーの除雪は完了していてホテルへのタクシーは支障はなかったが前日の(水)はかなりひどかったと聞いた。そのせいか(金)は空いていてゆっくりと買い物ができたのは不幸中の幸いか?今までは北部のクリニャンクールのホテルから地下鉄で出かけていたが今年はレトロ会場に歩いて10分程度のホテルにしたが結果的にこれは失敗で雪で歩くのが大変だったせいもあり大いに体力を消耗した(大げさに思えるかもしれないがアンティークの買い付け=重い荷物をもって
一日中歩き回るということで68歳の身には大変なんです)。正解はトラムの近くで少し会場から離れたホテル、ということであろうか。3枚目の写真はいつも魅力的なヴィンテージサインを多く出しているショップでシトロエンのサインなど思わず衝動買いしたくなったがそこは冷静さを発揮(?)して諦めた。ちなみに自分で売る時はお客様にアンティークはフィーリングが合うものが見つかったらまず買っておかないと後で絶対後悔しますよ、などと偉そうにセールストークをしている。人間とは勝手なものです!!

2018年2月3日土曜日

JCCA ニューイヤーミーティング

1月28日(日)冷蔵庫の中にいる様な寒波の中恒例のJCCA ニューイヤーミーティングに出店させていただいた。このミーティングは数あるイベントの中でも私にとっては特別な存在で車大好き人間はもう60年を超えたがクラシックカーの世界にはまり込んで行ったきっかけは雪の東京プリンスホテルで開かれた TACS (JCCA は当時 TACSと名乗っていたのです)の第1回ニューイヤーミーティングに出かけたことだった。今と違ってこの種のミーティングで一般に開放しているイベントはほとんどなくなんとペガソやマセラティ5000など驚く様な車が雪の中現れた時の衝撃は今でもくっきりと覚えている。 超弩級の車だけではなく懐かしい360の軽や数々の欧米の名車などもうすっかり心を奪われて次の第2回からはフィアット850でほぼ皆勤賞である。言葉を変えればこのイベントなくして今の私はありえない様にさえ思う。最近は参加者のバラエティも少し寂しくなった様に思うし私自身もアンティークを売り始め
 て自身の古い車での参加は叶わなくなってしまったがこれからも体力の許す限り参加させていただきたく思う。クラブの創設者で昨年90歳+で鬼籍に入られた鈴木省吾大先輩もあちらでクラシックカー三昧の毎日であろう。

2018年1月17日水曜日

東京ビッグサイト、骨董ジャンボリー



 1月12−14日の3日間、東京のビッグサイトで行われた骨董ジャンボリーに出店させて頂いた。昨年に続いて2回目の出店で一般の骨董市なので我々のように自動車関連に特化した商品はどうかな、と不安もあったが逆にライバルが少ないためかおかげさまでなかなかの好調な売り上げだった。3日連チャンは年寄りには少し疲れるが我々が参加できるイベントで屋内3日間はこの骨董ジャンボリーと夏のオートモビルカウンシルだけだしイベントの少ない1月ということもあって貴重な機会である。ちなみに本場パリのレトロモビルは5日間、しかもその内2日ぐらいは夜10時までやっているので出店する側はさぞ大変だろうと思う。1枚目の写真は骨董ジャンボリーとは関係ないが猛烈に冷え込んだ(金)の朝、車の温度計がマイナス7度を示していたのでカメラに収めた。住まいは一応湘南地方の端の方なのにマイナス7度とはおかしいでしょう!! 車の温度計はいたって正確で我が家に近づくと温度がどんどん下がってくる。これ以外にも同じ日
の朝、送り状を印刷しようとしたら
プリンターが動かない、しばらくたって出てきたエラー表示 ”室温が低すぎます、
温度をあげてください”に思わず笑って
しまった。そうか自分はコピー機も動かない厳寒のオフィスで仕事をしているんだ、と感心した次第。どうやら我が家は寒さの
”特異地域”のようです。


2018年1月9日火曜日

フランス、リオン(LYON)のクラシックカーショー



 少々古い話で恐縮だが昨年11月フランス南部のリオン (LYON) で行われた EPOQU AUTO というクラシックカーショーとオートジャンブルに出かける機会があったのでご報告したい。結論から言うとこれは一見の価値ありと思う。ショーの形態はレトロモビルとほぼ同じで全体の2/3 程度が古い車(メーカー、クラシックカーショップ、クラブ等)で残り 1/3 がパーツとオートモビリアのショップといった感じ。規模は大きく会場の広さはレトロモビルと同じかむしろ大きいぐらいで1日で回るのは少し厳しい。オートモビリア販売の仕事を始めてからはもっぱら仕入れのために会場内を重い荷物を持って走り回る状態でゆっくりと車を見る時間があまりないのが辛いところだがこうしたショップを訪ねるのはそれはそれで楽しいし何軒かの旧知のショップがあって歓迎してくれるのが嬉しい。価格はレトロモビルよりははるかに安くここであれば頑張って探せばまだまだ日本で自信を持ってご紹介できる物が見つかりそうな感じがする。近くに日本からの直行便が到着する空港がなく仕入れのために大きなスーツケース2個を持って乗り換えもうっとうしいので今回はフランクフルトから車で700−800Km をドライブして出かけたが飛行機を乗り継ぐ気ならリオンに大きな空港があるしパリからTGV でも行けるはずで3月のランス(Reims) のクラシックカーショーとともにお薦めできると思う。

2018年1月7日日曜日

明けましておめでとうございます

 明けましておめでとうございます。本年もOT オートモーティブサービス、OT オートモビリアをどうぞよろしくお願い申し上げます。
昨年の夏から更新していなかったブログです。あいつもとうとうくたばってしまったか、とご心配いただいたかもしれませんがおかげさまで猛烈に忙しくも楽しい日々を過ごさせていただいております。桜の咲く頃には従来のフィアットパーツに加えフェラーリ(及びフィアット)ディーノのパーツの取り扱いを本格的に始めたいと準備中です。又それに伴いホームページも一新すべくただいま準備に追われております(これは思ったより大変、と遅ればせながら認識しつつあります)。そんな中でも今年こそ週に2−3回は近況をお伝えしたいと(例年のことですが)心に決めております。
ちなみに私、昨年の11月でついに68歳になってしまいました。あとどれだけ今のような(少々無謀な)ペースで動き回れるか時々不安に思うこともありますが少なくともあと5年は全開で頑張りたいととりあえずは思っています。
新年初売りは本日1月7日の大磯ロングビーチのエクスチェンジマート、夜明けから参加させていただきました。地元のイベントでもあり”通勤時間”がほとんどないのがありがたいところでおなじみのお客様が多いがそれでも毎回新しい出会いがあるのが嬉しい。今回実は足車の1台、プジョー307の新しいオーナーを探すのが目的の一つだったのだがお父さんのお小遣いでお釣りがくる(?)価格にもかかわらずあまり反応がなかったのがちょっと寂しかった。どなたかご興味がおありの方がおられましたらご一報いただければ幸いです。



2017年7月9日日曜日

プジョー204

 私、ペンネームはFIATおじさん、ということになっているがどうも最近我が家にやってくるのは古いフランスの大衆車が多い。今回はその中でも今や間違いなく絶滅危惧種と思われるプジョ−204をご紹介したい。私、古い捨てられそうになっている車を見つけるとついつい引き取ってしまう悪い癖があり(そんなことをやっているからいつまでたっても福沢諭吉君とお友達になれないのもわかっています)最近引き取ってきた車だが60年代のピニンファリーナデザインのプジョー”2”シリーズで1,100cc のエンジンが載っているのでシトロエンのGSやルノーキャトルあたりがライバルであろう。フランス車がインターナショナル化する以前のデザインで同世代のピニンファリーナデザインとしては我が410ブルーバードやセドリックがあるが410は当時の発展途上国(?)スタイルにモディファイされてしまったのに対し多分これがピニンファリーナが表現したかったスタイルではないかと思う。たっぷりしたサイズの赤いシートなど
まさにフランス車、お洒落です。こうしてみると程度は良いように見えるが床は穴があき始めていてレストアするには”今ならギリギリセーフ”といった感じ。某誌のキャッチをお借りすれば”100ドロ”中級編、といったところか、もし誰も引き取り手がなければ自分でとりあえず動くところまでは、とは思っているができればどなたか古いフランス車のエキスパートが引き受けてくださればその方がはるかに効率的と思う。動くようになればこの秋の”車山のヒーロー”になることは間違いないと思います。ちなみに取りに来ていただけるなら価格は20万でかなりの部品が付いています。もしご興味のある方は090−2406−6030、戸井までご一報ください(ちなみに奥に写っているツインゴも嫁ぎ先を探しています。マニュアルミッションです)