2011年5月20日金曜日

ポーター君、こんにちは



ツインゴと入れ替わりにやってきたかわいい車とは昭和59年生まれ、御年29歳のマツダポーター君、サブロク世代の少し後、肺活量550ccのかわいいやつである。所々年相応のヤレはあるがなかなかどうして元気いっぱい、懐かしいチョークをうまく作動させればエンジンは常に一発で始動、4段ミッションを操って快調に走る。ちょっとエンジンを見てみると型式G23Bとあり三菱製の550ccのようで懐かしい2気筒の振動と音を楽しむ事が出来る。2重丸は何と言ってもかわいい外観(そうです、これも丸目です)とセンスの良い色、オリジナルカラーではなく何でも美術学校の生徒たちの秀作とか、白ばっかりの今の軽トラのメーカーのデザイナーさんにお見せしたいようなナイスカラーである。 あと数年頑張れば晴れてクラシックカーイベントからご招待状も来そうだし何よりも少食で働き物、これで農作物の運搬から来年の薪の手配までバッチリ、何となく得したようで”ちっちゃな幸せ”気分である。

0 件のコメント:

コメントを投稿